のんべんだらり

舞台と役者が好きなおたくの雑記

7月最後の東京は

小雨降る天気で涼しくてよかったです。
さて今週も初台です。


マチネは新国立劇場中劇場で「子供の事情」おかわり。
f:id:maim0542:20170727084320j:plain
この作品にはいろんな性格の子供たちが出てきますが、私は間違いなく「アニキ」タイプです。
勉強も運動も1番になれないから、どうにか見つけ出したポジションが「頼れる人」になること。
やんちゃではあるけど先生の気に入ることしか言えないできない意気地なし。
まさに小学生時代の自分でした・・・なんだかいたたまれない。
でもあそこまで人望はなかったなあ(笑)
そういった点でも郷愁に駆られて最後は切なくなってしまうんですね。
WOWOWのカメラが入っていたので放送が待ち遠しいです。

それから26日マチネは会長がご観劇なさっていて、それも楽しかった要因の一つですね(笑)
相変わらず脚が長くて素敵。


ソワレはザ・スズナリで「鳥の名前」。
f:id:maim0542:20170727084525j:plain
ベンチシートだったので頑張って並んで最前センター取ったぞー!
パイプ椅子よりベンチシートの方が、ひざを抱えて座れる分楽ですね。
連日の観劇と長距離移動で尻と腰が限界を迎えています・・・つらい。

「半径3km圏内の無間地獄」を描く赤堀さんの、名にたがわぬ地獄っぷりでした。
戦争とか不景気とか、そんな大きなものより自分の身近にある漠然とした不安の方が怖いですよね。
急転直下で地獄に落ちていくわけじゃないけど、じわりじわりと身に迫ってくる感じがゾッとします。
明日は我が身・・・真面目に生きよう。

それから個人的に水澤さんがあんまり得意ではなかったんですが、
(たぶん怪奇恋愛作戦の黴田くんのキャラクターのせい)
今回のリュウさんで克服できた気がします!(笑)

赤堀さんは12月にも新作を上演されるので、こちらも観れたらいいなあ。
無理かなあ。